「未来医XPO’15」出展のご報告

オリンパスは、3月28日~4月5日の9日間、神戸国際展示場をメイン会場として開催された、第29回日本医学会総会 2015 関西 一般公開展示「未来医XPO’15」に出展しました。
「未来医XPO’15」は、「あなたの暮らしと医の博覧会」をコンセプトに、健康社会をつくる最新の医学・医療の成果と未来を体験してもらう参加型イベントで、当社は、「メディカルアイランド」コーナーにブースを構え、実機の展示や体験コーナー、プレゼンテーションステージなどを通じて、最新の内視鏡技術と内視鏡検査の大切さについてお伝えしました。多数の皆様のご来場、誠にありがとうございました。

「内視鏡の進化」についての展示

「内視鏡の進化」コーナーでは、1950年に当社が世界で初めて実用化した胃カメラ第1号機から、最新のハイビジョン対応内視鏡やカプセル内視鏡までの、代表的な内視鏡を展示。胃カメラ(撮る)→ファイバースコープ(診る)→ビデオスコープ(治す)と進化し続けている内視鏡の進化の過程を、実機の展示を中心にご紹介しました。

「消化器内視鏡の役割」についての展示

パネル上のグラフィックや実機の展示を通じて、胃や大腸の検査や治療に用いられている内視鏡について説明した他、消化器内視鏡が大きな役割を果たしている、胃がん・大腸がん検診に関する解説や早期発見・早期治療の大切さについて、統計データをもとに解説しました。来場者の関心も高く、熱心に説明文を読む方も数多くいらっしゃいました。

ハイビジョン内視鏡操作体験コーナー

食道や胃を検査するための消化器内視鏡の操作体験コーナーでは、人体のかたちをした模型の口から内視鏡を挿入して、胃の内部を観察していただきました。胃の内壁には、ブロッコリー、クロワッサンの断面、切手が備え付けられており、アングルノブの操作で、内視鏡先端部の向きを変えながら、それぞれの微細な構造や模様を観察していただきました。参加者からは、細かな部分まではっきりと見える内視鏡のハイビジョン画質に驚きの声が上がっていました。

内視鏡外科手術体験コーナー

3D内視鏡による外科手術の操作体験コーナーでは、3D眼鏡をかけてモニターを見ながら、おなかに見立てたドーム内の立体的な障害物をよけてクッションボールを移動する、という内容の操作を体験いただきました。3Dにより、立体的構造物の奥行き感が把握しやすくなっていることを体感いただきながら、内視鏡外科手術の特徴をご理解いただきました。

がん検診啓発プレゼンテーションステージ

胃がん・大腸がんの検診啓発を目的としたプレゼンテーションステージでは、進行役の女性とモニター中の“内視鏡博士”との掛け合いを通じて、がんを治すには、早期発見・早期治療がいかに大切かを分かりやすくお伝えしました。

内視鏡クイズラリー

ブース内4ヵ所に掲示された、内視鏡に関するクイズパネルを見ながら答えるクイズラリーを行いました。9日間で約1万7千名もの方々にご参加いただき、楽しみながら、内視鏡についての理解を深めていただきました。

「広告・イベント紹介」一覧へ戻る

TO TOP