内視鏡について内視鏡の先端技術

人体の内部にひそむ患部をこの目で直視し、確実に治療したいという医師の願望を、技術陣が一つひとつ解決していく「内視鏡」の開発は、つねに過去に前例のない文字通りゼロからの出発でした。技術開発は一人の天才でできるものではありません。新しい発想を実用化するには、多くの人びとの知能と努力と年月が必要でした。

医療現場からの要請に応え、光学技術、エレクトロニクス技術、材質開発から最新の情報システム技術にいたるまで、さまざまな分野の最先端技術により、内視鏡は進化してきました。

内視鏡は、病気の早期発見・早期治療のための手段として、今後も大きな期待がされており、より負担の少ない検査、より精度の高い検査、より高度な治療を行うために、医師と開発者による技術開発が行われています。

「内視鏡について」一覧へ戻る

TO TOP