内視鏡について器具

Q1:内視鏡は胃カメラとは違うのですか?

内視鏡検査を受けた患者さんが、「この間胃カメラを飲んで…云々」と話されているのをよく耳にします。確かに胃カメラは、内視鏡の別称として根付いている感はありますが、しかし、胃カメラと内視鏡とはまったく異なる機器です。

胃カメラは、1950年に「オリンパス光学工業(現:オリンパス)」が開発したもので、挿入管の先端に取り付けた小型カメラで、胃内を撮影する古典的な装置です。胃カメラの欠点は、撮影時点では、胃内部の様子は全く分からず、後に現像した写真から胃内部の病変を診断することになります。ですから、病変部があっても、撮り逃すリスクは高くなります。

一方、現在の内視鏡は、光を伝送するガラスファイバーの両端についた対物レンズと接眼レンズを通して、胃の内部をリアルタイムで観察・記録できるという、胃カメラには真似できないメリットがあります。

今日では用いられることはない胃カメラですが、その後の内視鏡の開発に多大な影響を与えたという点で、現代使われている内視鏡の母であるといっても過言ではありません。

胃カメラ
胃カメラ

内視鏡
内視鏡

Q2:内視鏡はどのくらいの細さなのですか?また、管状の挿入部はどのような素材からできているのでしょうか?

内視鏡検査を受けた患者さんが、「この間胃カメラを飲んで…云々」と話されているのをよく耳にします。確かに胃カメラは、内視鏡の別称として根付いている感はありますが、しかし、胃カメラと内視鏡とはまったく異なる機器です。

内視鏡は、挿入する人体の部位により種類も異なり、外径も様々です。太いものでは大腸用の13ミリ程度、細いものでは血管用の0.5ミリ程度のものがあります。
現在の内視鏡にくらべ、昔の内視鏡の直径は太く、患者さんの負担が大きかったのは事実です。しかし、不断の技術改良がなされ、内部に収納している部品の小型化が進むにつれて、直径は当時のものと比較すると驚くほど小口径化しています。

細くなった内視鏡
細くなった内視鏡

また、管状の挿入部(シャワーのホースのような部分)は、曲がりくねった体内を滞りなく、かつ傷つけることなくすすむことができるように作られています。柔らかすぎず、硬すぎずという相反する条件を内視鏡はクリアしたのです。内視鏡の開発当初は、"硬性鏡"と呼ばれ、その名の通り硬くまっすぐでしたので、苦痛があり、また医師のテクニックが要求されました。現在の内視鏡の外皮は、体腔表面を滑りやすくするための樹脂チューブとそれを支える金属製のフレームから成り、挿入作業や消化管内での手技も比較的簡便になっています。また、その内部には、鉗子(かんし)・吸引(きゅういん)チャンネル、送気・送水チャンネル、照明用の光を伝送するライトガイドなどと呼ばれるファイバースコープ、その他、画像を送るための経路などが内蔵されており、格段の進歩を遂げています。

Q3:CT検査では、おなかの中を見られないのでしょうか?

CT検査ではX線を利用して、おなかを輪切りにしたような画像が得られるので、おなかの中を見ることは可能です。しかし、その画像からは、中が空洞である胃や腸の表面の状態を確認することはできません。CT検査で発見できる胃や腸のがんは、内視鏡で発見されるがんより大きく進行したものが多いようです。胃や大腸は主に内側の粘膜に病変ができるので、その粘膜が観察できないCT検査は、あまり胃や大腸の検査には向きません。むしろ肝臓、膵臓などの中味のつまった臓器に適しています。一方、X線を利用しているので、被爆を考えるとあまり頻繁には使用できないデメリットもあります。

また、CT検査は断続的に撮影するので、微小な病変では見逃すこともあります。この欠点を解決するために、身体のまわりをらせん状に回り、連続的に撮影をして、立体的な画像を作り出す、ヘリカルCTが開発されました。この新しいCTでは、より詳細な描写が可能になり、さらなる活用が期待されます。しかし、やはり胃や大腸の病変を直接観察したり、組織採取のために内視鏡検査は欠かせないものです。

「内視鏡検査Q&A」一覧へ戻る

TO TOP