内視鏡について抵抗感

Q1:口から内視鏡が入ることに抵抗があります。麻酔はするのですか?

胃や食道を検査する場合、通常、口から内視鏡の管を挿入しますが、抵抗感のある太さだった昔にくらべ、今ではだいぶ細くなりました。施設によっては鉛筆ほどの細い管も用意されており、負担や恐怖心も随分軽減されています。

とはいえ、喉を通過させるときは、やはり飲みやすくするため、前処置として咽頭(いんとう)に局所麻酔を行います。麻酔の方法は、ゼリー状の麻酔薬を喉の奥にふくませておく、あるいはうがいするやり方です。なお、効き目が不十分な場合には、スプレー麻酔も使います。
また、最近では極細の内視鏡で鼻から挿入する経鼻挿入法が行われることもあります。鼻腔が狭い方でなければ、咽頭通過時の反射がおさえられる分、検査時の負担も楽になると言われています。

一方、大腸を検査する場合に局所麻酔は通常使われません。施設によっては鎮静剤をつかって、リラックスした気分で検査を受けられるところもあります。

また、幼いお子さんの場合は、検査中に暴れたりする可能性が高いため、麻酔を要とする場合もあります。麻酔では、ごくまれながらショック症状などの合併症のリスクもあるため、付き添いの方は、麻酔科医などの医師から説明をよく受けて下さい。

内視鏡(スコープ)を飲みやすくするために、ノドの奥を麻酔します。
内視鏡(スコープ)を飲みやすく
するために、ノドの奥を麻酔します。

細くなった内視鏡
細くなった内視鏡

経鼻挿入法
経鼻挿入法

Q2:内視鏡検査は実際どのくらい痛いのでしょうか?楽に検査をするためにはどうしたらよいのでしょうか?

痛みの感じかたはひとぞれぞれで、「これだけ痛い」と数値などを用いてはっきり言うことはできません。しかし、口や鼻や肛門からものを入れるわけですから、何も感じないことはないので、検査時には入り口に部分麻酔をします。うっすら眠るくらいの鎮静剤を使って検査を行うこともありますが、鎮静剤の使用は検査を受ける人や、施設によってそれぞれです。

内視鏡がある程度入ってからは、痛いというよりは「何か入っている」といった異物感や、ものが詰まったような感じがします。また、観察しやすくするために空気を送って胃腸をふくらませるので、腹部膨満感があります。

楽に検査をする良い方法のひとつは、検査を受けるにあたって、体調を整えておくことが大切です。また、緊張していたり、不安な状態だと、些細なことでも敏感に反応してしまうので、十分にリラックスすることも大切です。安心感をえて良い状態で検査にのぞむためにも、検査前に説明をよく聞くこともよいでしょう。

Q3:大腸内視鏡検査では、お尻が見えて恥ずかしいのではないかと心配です。何か配慮はされているのでしょうか?

大腸内視鏡検査では、肛門から内視鏡を入れるため、特に女性の方は抵抗感を持たれることが多いようです。しかし、それが原因でがんの発見が遅れた、ということになれば悔やんでも悔やみきれないことになります。勇気を出して定期的に検査を受けましょう。

しかしながら、病院とはいえ人前でお尻を出すことは、誰でもやはり恥ずかしいものです。ですから、検査する側もその点には十分な配慮を払っていて、検査着には工夫がこらしてあります。

内視鏡検査を受けるにあたって、あらかじめ特別なトランクス型の紙パンツに履き替えていただきます。このパンツには、ちょうど肛門の部分に縦の切り込みが入っています。そこを通して内視鏡を入れられるようになっているわけですから、お尻を出すことなく検査が受けられ、女性の方でも恥ずかしい思いをすることはありません。

また、大腸内視鏡検査は、ドアやカーテン等で仕切られた検査室で行われるため、他の患者さんに見られる心配もありません。

「内視鏡検査Q&A」一覧へ戻る

TO TOP