病気・がん食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニア

体の中には、胸腔(きょうくう)(肺や心臓などが入っている部分)と腹腔(ふくくう)(胃や腸、肝臓などが入っている部分)を隔て、肺を動かして呼吸する手助けをする「横隔膜(おうかくまく)」と呼ばれる膜状の筋肉があります(図1)。

(図1)横隔膜と食道の位置

(図1)横隔膜と食道の位置

この横隔膜には、血管や食道などが通る穴があいていますが、このうち、食道が通る穴(食道裂孔(しょくどうれっこう))から、本来、横隔膜の下部にあるべき胃の一部が食道の方(上の方)に飛び出してしまうのが食道裂孔ヘルニアです。
加齢や生活習慣などが原因で起こる場合と、生まれつき食道裂孔ヘルニアを起こしやすい場合があります。高齢化の進行や、食生活の欧米化により肥満者が増えていることから、近年増加傾向にあります。
食道裂孔ヘルニアは、図のような3つのタイプに分類されます(図2)。食道胃接合部(噴門部(ふんもんぶ))が胸部側へ移動してヘルニアを起こす場合には滑脱(かつだつ)型と呼ばれ、食道裂孔ヘルニアで最も多く見られます。
また、食道裂孔ヘルニアになっている方は、噴門部に圧力がかかりやすく、胃食道逆流症(GERD)などにもなりやすいといわれています。

(図2)食道裂孔ヘルニアの種類

(図2)食道裂孔ヘルニアの種類

<症状>

食道裂孔ヘルニアは症状が出ない場合が多いのですが、胃酸が食道に逆流しやすい状態になっているため、胸やけや呑酸(どんさん)などが症状として現れることがあります。
ただし、飛び出した胃や食道が横隔膜に締め付けられてしまっているような場合は、食べ物がつかえる感じや胸のあたりが強く痛むことがあります。

<原因>

ほとんどは腹圧が上がって胃が押し上げられてしまうことが原因です。腹圧は、肥満や妊娠、喫煙、腹水、気管支喘息(きかんしぜんそく)など慢性的な咳症状などで上がります。
加齢によって、横隔膜の穴が広がりやすくなってしまうことでも生じます。
また、生まれつき横隔膜の穴がゆるく、食道裂孔ヘルニアが起こりやすい方もいらっしゃいます。

<検査>

胃食道X線検査:
バリウムを飲み、食道や胃のレントゲン撮影を行って食道の様子を確認することで、食道裂孔ヘルニアの有無や程度、そして種類がわかります。
このとき、検査中に仰向けになったときに胃から食道へバリウムの逆流が観察された場合には、胃食道逆流の可能性が高いと判断されます。

内視鏡検査:
食道側からと胃側からの両方から、胃粘膜の状態を確認します(図3)。
食道胃接合部の位置の直接的な確認、食道裂孔のたるみの有無の確認ができます。また、合併することの多い逆流性食道炎の診断なども同時に行います。

(図3)内視鏡検査での胃粘膜の確認方法

(図3)内視鏡検査での胃粘膜の確認方法

<治療>

生活習慣の改善や薬物療法を優先的に行います。症状がない場合には、治療をせずに経過観察をすることもあります。
ただし、改善が見られない場合や逆流症状の程度によっては手術療法を行います。また、胃の一部が横隔膜の上に出てしまっている場合には、症状が悪化しないよう、治療初期に手術療法を行うこともあります。

生活習慣の改善:
胃酸が食道に逆流してしまう場合は、食事の量を抑えたり、脂質や肉を食べ過ぎたりしないように気をつけます。
胃酸の出過ぎを抑え、肥満を解消するための食事として低脂肪食が推奨されています。
その他にも、食後すぐに横にならない、ベルトやコルセットで腹部を締め付け過ぎないなど、生活習慣の改善により、症状が和らぐこともあります。
妊娠中は胃が圧迫されるので、お腹に圧力がかかるような姿勢をとらないようにするなど、注意が必要です。

薬物療法:
胸やけなどの症状がある場合は、胃酸の出過ぎを抑える薬などを服用します。

手術療法:
胃や食道が締め付けられすぎる場合や、投薬による治療で改善が見られない場合は、横隔膜の緩みを修復し、胃から食道への逆流を改善するための手術をすることがあります。
以前は開腹手術や開胸手術が行われていましたが、近年、腹腔鏡手術(ふくくうきょうしゅじゅつ)の技術が向上したため、患者さんへの負担が少なく、手術創が小さくて済む、腹腔鏡を使用した手術が広く普及してきています。

「食道」一覧へ戻る

TO TOP