病気・がんクローン病

クローン病

口から肛門までの全消化管を侵す、原因不明の慢性炎症性疾患です。消化器のどの部位にもおこり、特に小腸と大腸に起こることが最も多く、主に若年者に発症します。

<症状>

腹痛、下痢、栄養障害とそれに伴う体重減少、発熱が最も多い症状です。

血便や、痔、肛門周囲腫瘍、裂肛(れっこう)などの肛門に病変が見られるのが大きな特徴です。腸内細菌が異常に増殖して小腸・大腸の異常な運動がおこるため、腹痛、下痢がおこります。そのため消化・吸収力の低下から栄養障害となり、体重減少、貧血がみられます。

<検査>

血液検査:
赤沈、CRP、シアル酸、α2グロブリン値の上昇はクローン病の活動性の診断に有効で、活動期には血小板が上昇することがあります。

X線検査:
瘻孔や結腸の縦走(じゅうそう)潰瘍が認められます。

大腸内視鏡検査:
様々な炎症が見られ、粘膜の隆起(りゅうき)や、腸管の狭窄(きょうさく)、狭小化が認められます。クローン病では直腸にも病変はみられますが、一見、正常粘膜に見えることがあります。これに対し、潰瘍性大腸炎では必ず直腸に病変がみられます。これが両者の大きな違いです。この鑑別のために特に直腸の観察が重要です。

生検(せいけん):
肉芽腫(にくげしゅ)をともなう炎症が見られます。

<治療>

栄養療法:
糖質やたんぱく類を小さな分子に分解した状態で与える成分栄養が第一選択です。脂肪は極力避けます。

薬物療法:
クローン病の原因はまだ解明されていませんが、免疫異常によるものと考えられています。そのため、免疫抑制剤、副腎皮質ステロイド剤などにより治療します。

手術:
手術後の再発率が非常に高いため、切除する範囲は可能な限り最小限にとどめるようです。

「大腸」一覧へ戻る

TO TOP