病気・がん腸閉塞(イレウス)

腸閉塞(イレウス)

腸閉塞は「イレウス」とも呼ばれる病気です。腸閉塞には、腸管の中がふさがる機械的閉塞と、腸の蠕動運動が低下する機能的閉塞(麻痺性腸閉塞)があります。機械的閉塞はヘルニアや腹部手術による腸の癒着などが原因で、ねじれや折れ曲がりがおこったり、また、腫瘍などで腸管内部がふさがれてしまうものです。機能的閉塞は、腸の運動をつかさどる神経の異常や炎症によって腸管の蠕動運動がとまり、消化物が肛門へスムーズに移動できない状態です。これは炎症性の腸疾患などが原因でおこります。

通常、口から入った空気は肛門からガスとして排出されたり、血液中に吸収されて腸からなくなります。しかし、腸閉塞では腸管の運搬と吸収の機能が低下しているため、腸管内には胃液、腸液などの消化液やガスなどがたまり腸管が膨らみます。

腫瘍による閉塞
腫瘍による閉塞

術後の癒着
術後の癒着

<症状>

激しいけいれん性の腹部激痛がおこります。そのほか嘔吐や便秘、腹部膨満、発熱、頻脈などがおこります。ひどいときには腸が動かないので、ふん便様の汚物を吐くこともあります。

<検査>

聴診:
腸の動きの音が減弱、消失し、運動静止状態にあることがわかります。

腹部X線検査:
立位や仰向けに寝た状態で撮影します。ガスがたまって膨張した部位や大きさから、閉塞している場所を診断します。

血液検査:
白血球数の増加や、炎症をおこしていることをしめすCRP値が、異常な高値を示したり、血液が濃縮して脱水症状が認められることもあります。

腹部超音波検査、CT検査:
腹水が貯留している状態や腸管壁の肥厚などが観察できます。

<治療>

保存療法:
禁食、補液を行い、水/電解質バランスに厳重に注意し、脱水状態を改善します。鼻からShort tube(胃管)やlong tube (イレウス管)を腸管のふさがったところまで挿入して、内容物を排出し腸管内を減圧します。抗生物質を使用し、細菌感染をふせぎます。この方法で症状が改善し、排ガスと排便がおこりX線検査で腸管内のガスが減少、消失が見られたら改善された徴候と判断されます。内科的に腸閉塞が改善しても、原因の精査のため内視鏡やバリウムにより検査が必要です。

手術:
保存療法を行っても、腸の閉塞が改善しない場合、血行障害がある場合、腸閉塞をくりかえす場合には手術を行います。腸管のねじれや折れ曲がった部分の修正、原因となる腫瘍や異物の除去、必要であれば問題となる腸管の一部を切除します。

「大腸」一覧へ戻る

TO TOP