2019年胃がん、大腸がんの5年生存率についてのアンケート結果

Q12:胃がんが早期に見つかり、治療を受けた人が治る割合はどのくらいだと思いますか。以下の中からひとつお選びください。

年代\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上 合計
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
50歳以上合計 429人1.6%1,165人4.5%5,259人20.1%11,112人42.6%8,139人31.2%26,104人100.0%
40歳以上合計 697人1.7%1,979人4.9%8,776人21.8%17,263人42.8%11,629人28.8%40,344人100.0%
合計 1,021人1.9%3,176人5.8%12,908人23.6%23,248人42.5%14,327人26.2%54,680人100.0%
60歳~ 194人1.6%518人4.1%2,360人18.9%5,367人42.9%4,075人32.6%12,514人100.0%
50~59歳 235人1.7%647人4.8%2,899人21.3%5,745人42.3%4,064人29.9%13,590人100.0%
40~49歳 268人1.9%814人5.7%3,517人24.7%6,151人43.2%3,490人24.5%14,240人100.0%
30~39歳 215人2.2%738人7.5%2,761人28.1%4,115人41.8%2,011人20.4%9,840人100.0%
20~29歳 109人2.4%459人10.2%1,371人30.5%1,870人41.6%687人15.3%4,496人100.0%

男性

年代\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上 合計
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
50歳以上合計 322人1.7%869人4.5%3,906人20.4%8,010人41.8%6,063人31.6%19,170人100.0%
40歳以上合計 472人1.8%1,243人4.9%5,531人21.6%10,612人41.5%7,725人30.2%25,583人100.0%
合計 594人2.0%1,541人5.2%6,638人22.4%12,256人41.3%8,637人29.1%29,666人100.0%
60歳~ 163人1.6%446人4.3%1,971人18.8%4,460人42.6%3,422人32.7%10,462人100.0%
50~59歳 159人1.8%423人4.9%1,935人22.2%3,550人40.8%2,641人30.3%8,708人100.0%
40~49歳 150人2.3%374人5.8%1,625人25.3%2,602人40.6%1,662人25.9%6,413人100.0%
30~39歳 85人2.9%201人6.8%799人27.1%1,169人39.7%689人23.4%2,943人100.0%
20~29歳 37人3.2%97人8.5%308人27.0%475人41.7%223人19.6%1,140人100.0%

女性

年代\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上 合計
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
50歳以上合計 107人1.5%296人4.3%1,353人19.5%3,102人44.7%2,076人29.9%6,934人100.0%
40歳以上合計 225人1.5%736人5.0%3,245人22.0%6,651人45.1%3,904人26.4%14,761人100.0%
合計 427人1.7%1,635人6.5%6,270人25.1%10,992人43.9%5,690人22.7%25,014人100.0%
60歳~ 31人1.5%72人3.5%389人19.0%907人44.2%653人31.8%2,052人100.0%
50~59歳 76人1.6%224人4.6%964人19.7%2,195人45.0%1,423人29.1%4,882人100.0%
40~49歳 118人1.5%440人5.6%1,892人24.2%3,549人45.3%1,828人23.4%7,827人100.0%
30~39歳 130人1.9%537人7.8%1,962人28.4%2,946人42.7%1,322人19.2%6,897人100.0%
20~29歳 72人2.1%362人10.8%1,063人31.7%1,395人41.6%464人13.8%3,356人100.0%

Q13:大腸がんが早期に見つかり、治療を受けた人が治る割合はどのくらいだと思いますか。以下の中からひとつお選びください。

年代\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上 合計
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
40歳以上合計 942人2.3%2,586人6.4%10,464人25.9%16,177人40.1%10,175人25.2%40,344人100.0%
合計 1,393人2.5%4,022人7.4%14,891人27.2%21,803人39.9%12,571人23.0%54,680人100.0%
60歳~ 252人2.0%713人5.7%2,942人23.5%5,131人41.0%3,476人27.8%12,514人100.0%
50~59歳 331人2.4%836人6.2%3,453人25.4%5,427人39.9%3,543人26.1%13,590人100.0%
40~49歳 359人2.5%1,037人7.3%4,069人28.6%5,619人39.5%3,156人22.2%14,240人100.0%
30~39歳 284人2.9%933人9.5%2,977人30.3%3,868人39.3%1,778人18.1%9,840人100.0%
20~29歳 167人3.7%503人11.2%1,450人32.3%1,758人39.1%618人13.7%4,496人100.0%

男性

年代\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上 合計
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
40歳以上合計 617人2.4%1,651人6.5%6,651人26.0%9,974人39.0%6,690人26.2%25,583人100.0%
合計 764人2.6%2,020人6.8%7,855人26.5%11,546人38.9%7,481人25.2%29,666人100.0%
60歳~ 219人2.1%593人5.7%2,500人23.9%4,246人40.6%2,904人27.8%10,462人100.0%
50~59歳 216人2.5%573人6.6%2,278人26.2%3,345人38.4%2,296人26.4%8,708人100.0%
40~49歳 182人2.8%485人7.6%1,873人29.2%2,383人37.2%1,490人23.2%6,413人100.0%
30~39歳 97人3.3%262人8.9%877人29.8%1,106人37.6%601人20.4%2,943人100.0%
20~29歳 50人4.4%107人9.4%327人28.7%466人40.9%190人16.7%1,140人100.0%

女性

年代\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上 合計
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
40歳以上合計 325人2.2%935人6.3%3,813人25.8%6,203人42.0%3,485人23.6%14,761人100.0%
合計 629人2.5%2,002人8.0%7,036人28.1%10,257人41.0%5,090人20.3%25,014人100.0%
60歳~ 33人1.6%120人5.8%442人21.5%885人43.1%572人27.9%2,052人100.0%
50~59歳 115人2.4%263人5.4%1,175人24.1%2,082人42.6%1,247人25.5%4,882人100.0%
40~49歳 177人2.3%552人7.1%2,196人28.1%3,236人41.3%1,666人21.3%7,827人100.0%
30~39歳 187人2.7%671人9.7%2,100人30.4%2,762人40.0%1,177人17.1%6,897人100.0%
20~29歳 117人3.5%396人11.8%1,123人33.5%1,292人38.5%428人12.8%3,356人100.0%

山口先生コメント:今回のアンケートでは、胃がん、大腸がんについて、早期に発見した場合の治る割合をお尋ねしています。胃がん、大腸がんともに、最も回答した方が多かったのは「70-89%」でしたが、胃がん、大腸がんともに早期の段階で発見し治療を行った場合の、がんと診断されてから5年後に生存している患者さんの割合を示す5年生存率は90%以上です。
今回のアンケートについて、胃がん検診・大腸がん検診の対象年齢で「90%以上」と回答した方は、胃がんが28.8%-31.2%、大腸がんが25.2%でした。検診対象者であっても、胃がんについては3人に1人、大腸がんについては4人に1人しか、「90%以上」と回答した方がいないということになります。

病期別にみた各部位のがんの5年相対生存率(男女計)

受診経験有無別の回答数(胃がん)

受診経験\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
受けたことがある 4051.4%13294.4%593619.8%1290143.1%936931.3%
受けたことがない 6162.5%18477.5%697228.2%1034741.8%495820.0%

受診経験有無別の回答数(大腸がん)

受診経験\5年相対生存率 29%以下 30-49% 50-69% 70-89% 90%以上
回答数 回答数 回答数 回答数 回答数
受けたことがある 3291.9%9265.4%379421.9%690639.9%535730.9%
受けたことがない 10642.9%30968.3%1109729.7%1489739.9%721419.3%

山口先生コメント:がんを早期に発見した場合の治る割合についての回答の傾向を、内視鏡検査の受診経験の有る方と無い方に分けて見てみると、胃がん、大腸がんともに、受診経験者のほうが、経験の無い方よりも、「90%以上」と答えた方が約10%多い結果となりました。ただし、内視鏡検査の受診経験者であっても、その回答率は3割程度に留まります(胃:31.3% 大腸:30.9%)。
検査を受けたことがあっても、早期発見・早期治療により、がんと診断されてから5年後に生存している患者さんの割合を示す5年生存率が90%以上となることを正しく認識している方は少ないようです。胃がん、大腸がんは、早期発見・早期治療できれば、治る可能性が高まります。がん検診対象年齢の方は、定期的に検診を受診しましょう。

「2019年内視鏡検査に関する意識アンケート結果報告」一覧へ戻る

TO TOP