内視鏡検査内視鏡検査

内視鏡検査は、普段は見ることができない体の中の様子を、内視鏡の先端部に搭載された小型撮像素子(CCDなど)を介してモニターに映し出すことで、医師が直接目で見ることができる検査です。
では、実際、どのようなものが見え、どのようなことができるのでしょうか。
このページでは、内視鏡の検査の役割や内視鏡検査でできることをご紹介するとともに、胃や大腸の検査として行われる内視鏡検査について、一般的な検査の流れをご案内します。また、7月14日の「内視鏡の日」に合わせて毎年実施している内視鏡検査に関する意識調査の結果について、ご紹介します。

ホームへ戻る

TO TOP