がん検診がん検診の種類と比較-対策型検診と任意型検診-

現在、がん検診には大きくわけて“対策型検診”と“任意型検診”という2つの種類があります。
対策型検診は、国が公共的な予防対策として行う検診のことです。お住まいの地区から通知をもらって受診する住民検診や職場から通知を受け取って受診する職域検診などがあります。対策型検診では、地域住民や職場の職員といった集団から、がんの可能性のある人を見つけ出すことを目的としています。対象となる住民や職員のうち、できるだけ多くの人々に検診を受診してもらうことが重要だと考えられているため、検査費用に公的な補助が出て、比較的安価な自己負担額で受診することができます。

一方の任意型検診は、検診を受けた個人にがんの可能性があるかどうかを確認することを目的とした検診です。いわゆる人間ドックなどのことですが、個人の希望する時期に、個人が希望する検査方法で検診を受けることができます。一般的に補助の額が少ないため、自己負担額は対策型検診よりも高価です。検査方法や検査費用は受診する医療機関によって異なります。

対策型検診と任意型検診の違い

  • ※対策型検診の実施時期、方法、自己負担額などは、実施主体(市区町村、健康保険組合)によって異なります。

<概要>

検診方法 対策型検診 任意型検診
目的 職場、地域などを対象に、集団全体の死亡率を下げるため、集団の中からがんにかかっている可能性のある人を探す。 個人の死亡リスクを下げるため、その個人ががんにかかっている可能性がないか確認する。
概要 市区町村や職場の健康保険組合などが、予防対策として提供する公共的な医療サービス。
検診の費用には公的な補助が出る。
医療機関や検診機関などが任意で提供する医療サービス
検診の費用は基本的に全額自己負担となる(健康保険組合から自己負担額の一部が補助されることがある)
検査方法 がんの死亡率を下げることができると証明されている方法で行う※1。. がんの死亡率を下げることができると証明されている検査方法で行うことが望ましい。
どの検査方法で行うかは、個々の医療施設で対応できるものの中から、個人が選択できる。
検査方法の選び方 検診を提供する機関(市区町村など)が、検診を受けることによりがんである可能性がみつかるメリットとリスク(健康な体に及ぼす可能性があるダメージ)のバランスを考慮したうえで決定する。
受診する人々全員からみて、もっともメリットがあると考えられる検査方法が選ばれている。
希望者が、個人で検診を受けることによりがんである可能性がみつかるメリットとリスク(健康な体に及ぼす可能性があるダメージ)のバランスを考慮したうえで決定する。
個人にとって、もっともメリットのある検査方法を選ぶことができる。
費用 公的資金が使用されるため、自己負担額は比較的安価である。(無償で受けられる場合もある) 全額自己負担。(自己負担の一部が健康保険組合などから補助されることもある)
  • ※1 厚生労働省では、科学的根拠に基づいて根拠があるがん検診を推進するための「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(2016年2月4日一部改正)」を発表しています。
    参考資料:厚生労働省ホームページ「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(2016年2月4日一部改正)」

<がん種ごとの対象など>

胃がんの場合

検診方法 対策型検診※2 任意型検診
検診対象者 50歳以上の男女 希望者
(特に定められていない)
受診間隔 2年に1回 希望者
(特に定められていない)
検査方法 問診に加え、胃部X線検査(バリウム検査)※3または胃内視鏡検査のいずれか 胃部X線検査(バリウム検査)※3、胃内視鏡検査など
受けることができる検査方法の種類は医療機関によって異なる(対策型検診よりも精密な検査が受けられる場合もある)
  • ※2 2015年3月に発表された『有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン2014年版』(国立がん研究センター)では、胃内視鏡検査も、50歳以上の方を対象に、対策型検診および任意型検診として実施することが推奨されました。それら研究結果等を踏まえ、厚生労働省の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(2016年2月4日一部改正)」が改正され、対策型検診でも胃内視鏡検査が選択肢として追加されることになりました。
    そのため、当分の間、胃部X線検査は40歳以上の男女を対象にして、1年に1回行うこともあります。
    参考資料:厚生労働省ホームページ「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(2016年2月4日一部改正)」
  • ※3 胃部X線検査(バリウム検査)で異常が見つかった場合は、必ず精密検査として胃内視鏡検査を行います。
    詳しくは、おなかと内視鏡のコラム「胃がん検診と胃内視鏡検査」をご確認ください。

大腸がんの場合

検診方法 対策型検診 任意型検診
検診対象者 40歳以上の男女 希望者
(特に定められていない)
受診間隔 1年に1回 希望者
(特に定められていない)
検査方法 問診および便潜血検査※4 便潜血検査※4、大腸X線検査、大腸内視鏡検査など
受けることができる検査方法の種類は医療機関によって異なる(対策型検診よりも精密な検査が受けられる場合もある)
  • ※4 便潜血検査で異常が見つかった場合は、必ず精密検査として大腸内視鏡検査を行います。

肺がんの場合

検診方法 対策型検診 任意型検診
検診対象者 40歳以上の男女 希望者
(特に定められていない)
受診間隔 1年に1回 希望者
(特に定められていない)
検査方法 問診、胸部X線検査および喀痰細胞診検査※5 胸部X線検査、胸部CT、呼吸機能検査など
受けることができる検査方法の種類は医療機関によって異なる(対策型検診よりも精密な検査が受けられる場合もある)
  • ※5 喀痰細胞診検査は、喫煙指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が600以上となる50歳以上の方を対象に行います。

乳がんの場合

検診方法 対策型検診※6 任意型検診
検診対象者 40歳以上の女性 希望者
(特に定められていない)
受診間隔 2年に1回 希望者
(特に定められていない)
検査方法 問診、乳房X線検査(マンモグラフィ) 触診および乳房X線検査(マンモグラフィ)、乳腺超音波など
受けることができる検査方法の種類は医療機関によって異なる(対策型検診よりも精密な検査が受けられる場合もある)
  • ※6 厚生労働省の「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(2016年2月4日一部改正)」が改正され、対策型検診では乳房X線検査(マンモグラフィ)による検診が原則となりました。
    参考資料:厚生労働省ホームページ「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(2016年2月4日一部改正)

子宮頸がんの場合

検診方法 対策型検診 任意型検診
検診対象者 20歳以上の女性 希望者
(特に定められていない)
受診間隔 2年に1回 希望者
(特に定められていない)
検査方法 問診、視診、子宮頸部の細胞診および内診(必要に応じてコルポスコープ検査※7を行う) 子宮頸部の細胞診および内診、HPV検査(単独法)・HPV検査と細胞診の同時併用法・HPV検査陽性者への細胞診トリアージ法など
受けることができる検査方法の種類は医療機関によって異なる(対策型検診よりも精密な検査が受けられる場合もある)
  • ※7 コルポスコープ検査とは、腟拡大鏡という内視鏡の一種を腟に入れて、子宮頸部の様子を観察する検査です。観察中に疑わしい部分が見つかった場合、組織の一部を採取して組織診を行います。

このように、対策型検診と任意型検診にはそれぞれの特徴があります。
対策型検診では、40歳および50歳の方に、上記の5つのがん検診をすべて同時に受ける総合がん検診、いわゆる「節目検診」の案内があることもあります。
がん検診の受診に関してもっと詳しく知りたい場合には、対策型検診の場合にはお住まいの市区町村のがん検診担当窓口や職場の健康管理窓口へ、任意型検診の場合にはかかりつけの医療機関やお近くの検診センターなどへ問い合わせてみるとよいでしょう。

「がん検診」一覧へ戻る

TO TOP