病気・がん胃の役割

胃の役割

胃の働きは食物の消化です。

胃は入り口から噴門(ふんもん)、胃底部、胃体部、幽門(ゆうもん)前庭部、幽門とよばれる部位で構成されています。
噴門は食道への食物の逆流を防ぎ、幽門は十二指腸への食物の通過を調節しています。空になった胃はほとんど運動していません。胃の中に食物が入ってくると、噴門から幽門にむかって蠕動(ぜんどう)運動(前進を伴う収縮運動)が起こります。このとき幽門はきちんと閉まり、胃底部から胃液が分泌され、蠕動運動によって食物がすりつぶされます。ここで胃液中のペプシンという酵素によりたんぱく質が分解されます。胃で消化された食物がかゆ状になると幽門が開いて、少しずつ十二指腸に運ばれていきます。でんぷん性のものは早く、肉は比較的ゆっくり、脂肪性のものは最もゆっくり通過します。胃はほかに、食物と一緒に入り込んだ細菌を胃酸で殺菌したり、身体にとって悪い物質を嘔吐して出す働きももっています。

胃の各部の名称・胃壁の断面図
胃の各部の名称・胃壁の断面図

「胃」一覧へ戻る

TO TOP