内視鏡について内視鏡検査への不安

Q1:内視鏡検査を楽に受ける方法は?

痛みの感じかたはひとぞれぞれで、「これだけ痛い」と数値などを用いてはっきり言うことはできません。しかし、口や鼻や肛門からものを入れるわけですから、何も感じないことはないので、検査時には入り口に部分麻酔をします。うっすら眠るくらいの鎮静剤を使って検査を行うこともありますが、鎮静剤の使用は検査を受ける人や、施設によってそれぞれです。

内視鏡がある程度入ってからは、痛いというよりは「何か入っている」といった異物感や、ものが詰まったような感じがします。また、観察しやすくするために空気を送って胃腸をふくらませるので、腹部膨満感があります。

楽に検査をする良い方法のひとつは、検査を受けるにあたって、体調を整えておくことが大切です。また、緊張していたり、不安な状態だと、些細なことでも敏感に反応してしまうので、十分にリラックスすることも大切です。安心感をえて良い状態で検査にのぞむためにも、検査前に説明をよく聞くこともよいでしょう。

Q2:ポリープを取るときは、痛い?

胃や大腸の粘膜には知覚神経がありませんので、内視鏡でポリープを切除する際の直接的な痛みはありません。しかしながら、ポリープのある場所によっては内視鏡をひねったりしながら、切除しやすいポジションで治療を行うため、腸管が引っぱられて(過伸展)、固有筋層の周辺にある末梢神経が刺激され、それにより痛みに似た感じがすることがあるようです。

そのような患者さんの不快感を緩和するために、軽い鎮静剤を使い患者さんがよりリラックスした状態で治療を行う場合もあります。

Q3:口から内視鏡が入ることに抵抗が… 麻酔はする?

胃や食道を検査する場合、通常、口から内視鏡の管を挿入しますが、抵抗感のある太さだった昔にくらべ、今ではだいぶ細くなりました。施設によっては鉛筆ほどの細い管も用意されており、負担や恐怖心も随分軽減されています。

とはいえ、喉を通過させるときは、やはり飲みやすくするため、前処置として咽頭(いんとう)に局所麻酔を行います。麻酔の方法は、ゼリー状の麻酔薬を喉の奥にふくませておく、あるいはうがいするやり方です。なお、効き目が不十分な場合には、スプレー麻酔も使います。
また、最近では極細の内視鏡で鼻から挿入する経鼻挿入法が行われることもあります。鼻腔が狭い方でなければ、咽頭通過時の反射がおさえられる分、検査時の負担も楽になると言われています。

一方、大腸を検査する場合に局所麻酔は通常使われません。施設によっては鎮静剤をつかって、リラックスした気分で検査を受けられるところもあります。

また、幼いお子さんの場合は、検査中に暴れたりする可能性が高いため、麻酔を要とする場合もあります。麻酔では、ごくまれながらショック症状などの合併症のリスクもあるため、付き添いの方は、麻酔科医などの医師から説明をよく受けて下さい。

内視鏡(スコープ)を飲みやすくするために、ノドの奥を麻酔します。
内視鏡(スコープ)を飲みやすく
するために、ノドの奥を麻酔します。

細くなった内視鏡
細くなった内視鏡

経鼻挿入法
経鼻挿入法

Q4:大腸内視鏡検査はお尻が見えそうで恥ずかしい。何か配慮はされている?

大腸内視鏡検査では、肛門から内視鏡を入れるため、特に女性の方は抵抗感を持たれることが多いようです。しかし、それが原因でがんの発見が遅れた、ということになれば悔やんでも悔やみきれないことになります。勇気を出して定期的に検査を受けましょう。

しかしながら、病院とはいえ人前でお尻を出すことは、誰でもやはり恥ずかしいものです。ですから、検査する側もその点には十分な配慮を払っていて、検査着には工夫がこらしてあります。

内視鏡検査を受けるにあたって、あらかじめ特別なトランクス型の紙パンツに履き替えていただきます。このパンツには、ちょうど肛門の部分に縦の切り込みが入っています。そこを通して内視鏡を入れられるようになっているわけですから、お尻を出すことなく検査が受けられ、女性の方でも恥ずかしい思いをすることはありません。

また、大腸内視鏡検査は、ドアやカーテン等で仕切られた検査室で行われるため、他の患者さんに見られる心配もありません。

Q5:内視鏡による感染が心配。器具の洗浄はきちんと行われている?

内視鏡洗浄消毒装置
内視鏡洗浄消毒装置

日本では内視鏡の洗浄・消毒についてのガイドラインが制定されています。

現在では、内視鏡は使用ごとに毎回洗浄・消毒が行われるのが基本です。特に血や組織がつく処置具は、使い捨てのものを使用したり、再利用する場合には高温高圧の蒸気で滅菌(菌がなくなる)するなど、十分に感染対策がなされています。

最近の内視鏡はいろいろな機能があるため、つくりが複雑になり、なおさらしっかりと洗浄されるべきといえます。近年では十分な消毒できる消毒薬や、自動洗浄機なども開発され、短時間でしっかり洗浄・消毒されるようになっています。

Q6:内視鏡の外径はどれくらい?身体に入る部分の素材は何?

内視鏡検査を受けた患者さんが、「この間胃カメラを飲んで…云々」と話されているのをよく耳にします。確かに胃カメラは、内視鏡の別称として根付いている感はありますが、しかし、胃カメラと内視鏡とはまったく異なる機器です。

内視鏡は、挿入する人体の部位により種類も異なり、外径も様々です。太いものでは大腸用の13ミリ程度、細いものでは血管用の0.5ミリ程度のものがあります。
現在の内視鏡にくらべ、昔の内視鏡の直径は太く、患者さんの負担が大きかったのは事実です。しかし、不断の技術改良がなされ、内部に収納している部品の小型化が進むにつれて、直径は当時のものと比較すると驚くほど小口径化しています。

細くなった内視鏡
細くなった内視鏡

また、管状の挿入部(シャワーのホースのような部分)は、曲がりくねった体内を滞りなく、かつ傷つけることなくすすむことができるように作られています。柔らかすぎず、硬すぎずという相反する条件を内視鏡はクリアしたのです。内視鏡の開発当初は、"硬性鏡"と呼ばれ、その名の通り硬くまっすぐでしたので、苦痛があり、また医師のテクニックが要求されました。現在の内視鏡の外皮は、体腔表面を滑りやすくするための樹脂チューブとそれを支える金属製のフレームから成り、挿入作業や消化管内での手技も比較的簡便になっています。また、その内部には、鉗子(かんし)・吸引(きゅういん)チャンネル、送気・送水チャンネル、照明用の光を伝送するライトガイドなどと呼ばれるファイバースコープ、その他、画像を送るための経路などが内蔵されており、格段の進歩を遂げています。

Q7:内視鏡検査による事故には、どのようなものがある?

内視鏡による事故は大きくわけて2つに分けられます。

  • 検査前の処置に伴う事故:検査前に用いる喉の麻酔や、鎮静剤に対してアレルギー反応を起こす人がいます。また、高齢者や肝疾患患者では麻酔薬、鎮静薬が効き過ぎてしまい危険な状態になることもあります。
  • 検査時の事故:内視鏡の挿入が困難で強く押しこんだりして、胃腸に穴をあけてしまったり、出血を起こしてしまうことがあります。また、高齢者や呼吸器疾患の患者さんでは、検査中に低酸素の状態になることもあります。

これら内視鏡検査による事故は、受診者の協力と医師の注意や判断により、十分に防げるものです。検査の前に、不安や心配、ご自身の体質などを医師とよく話し合い、十分に注意して検査をすすめることにより、事故のない検査が実現されます。

「内視鏡検査Q&A」一覧へ戻る

TO TOP