病気・がん食道炎

食道炎

食道炎は食道の粘膜が炎症をおこし、肉眼的にびらん潰瘍が見られるものをいいます。びらんとは粘膜表面が欠損をおこすもので、内視鏡で見ると、中心が白い苔のようになり、その周りの粘膜が赤くなっています。ときには、出血をおこすこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。最も多いのは逆流性食道炎です。ほかにカビの一種による食道カンジタ症、ウイルスによるヘルペス食道炎、サイトメガロウイルス食道炎などがあります。

<症状>

初期には胸やけやもたれ感が起こります。病状が進行して、中程度から重症になると飲み込み時(嚥下(えんげ)時)のしみる感じ、胸の痛みが起こり、吐血する場合もあります。

<原因>

原因としては、以下のようなものがあります。

まず感染症が原因となる場合には、結核などの細菌、カンジタなどの真菌(カビの一種)、ヘルペスサイトメガロウイルス、梅毒などがあります。
逆流性食道炎では、下部食道括約筋(かつやくきん)の低下による胃酸、胆汁、膵液の逆流が原因となります。
また、クローン病、ベーチット病、進行性汎発性強皮症(はんぱつせいきょうひしょう)など、他の病気に起因する発生も考えられます。

<検査>

内視鏡検査:
食道粘膜の色の変化、びらん潰瘍の有無、粘膜の肥厚や隆起(りゅうき)を観察します。

<治療>

《逆流性食道炎》

1.生活習慣の改善
肥満を解消し、脂肪、カフェイン、アルコールなどを控えます。

2.薬物療法
生活習慣の改善で回復しない場合は、胃酸の分泌を抑える薬、食道の運動を改善する薬、胆汁や腸液の逆流に対する膵臓の酵素を抑える薬などで治療をします。

《食道カンジタ症、ヘルペス食道炎、サイトメガロウイルス食道炎》

薬物療法:
原因である菌やウイルスに対する薬などにより治療します。
ヘルペスサイトメガロウイルス等は免疫力が弱っているときにかかりやすいといわれています。バランスの良い食事規則正しい生活により日頃の健康管理に努めることが重要です。

「食道」一覧へ戻る

TO TOP