おなかの病気いろいろ

慢性胃炎

慢性胃炎は、胃の腺細胞(胃酸を分泌している腺)が、萎縮(いしゅく)をおこし修復されずに進行していく胃粘膜の病気です。萎縮とともに胃酸の分泌が減少します。近年、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染と慢性胃炎の関係が研究されています。臨床的には、出血とびらんのある胃炎、びらんのない胃炎、特殊型胃炎があります。一般に慢性胃炎というと、びらんのない胃炎を指し、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によると考えられています。特殊型胃炎の発症は非常にまれです。

<症状>

慢性胃炎特有のものはなく、胃潰瘍胃がんでも同じ症状がみられます。萎縮の程度と症状は必ずしも一致しません。
主な症状には、空腹時や夜間のむねやけ、食後にむかむかしたり、もたれた感じがあります。
また、強い胃の不調を訴える方のなかには、神経症的傾向が強いケースもあります。

<原因>

出血とびらんのある胃炎ではストレス、非ステロイド系消炎鎮痛剤、飲酒などが原因になります。びらんのない胃炎ではヘリコバクター・ピロリ菌の感染が疑われます。特殊型では細菌・ウイルス・真菌(かび)の感染、クローン病など消化管疾患、サルコイドーシスなどの全身性疾患の影響が考えられます。

<検査>

内視鏡検査:
内視鏡による観察と生検(せいけん)による組織学的診断を行います。

萎縮の進行度や広がりを観察します。萎縮の軽微な胃粘膜には発赤という特徴的な病変がみられ、萎縮が進んだ粘膜には粘膜下層の血管が透けて見えます。

<治療>

薬物療法:
慢性胃炎で使用される薬剤は、胃酸による攻撃をおさえる薬、胃の粘膜を守り保護する薬、消化管運動の機能を改善する薬です。
胃・食道逆流型と潰瘍型では、胃酸の分泌を抑え、胃粘膜を改善する薬で治療します。胃運動不全型には、胃の蠕動(ぜんどう)運動を高め、消化酵素剤により消化を助け、胃粘膜修復剤により胃壁を修復します。

関連リンク